Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

【掲載情報】日経WOMAN「なりたい自分が手に入る未来ノートの作り方」

2017.01.10

nikkeiwoman1701

1月7日発売の「日経WOMAN」の特集、「なりたい自分が手に入る未来ノートの作り方」「新年に立てた目標はなぜ、3日で挫折するの?」で取材いただきました。

私は、いわゆる「手帳術」的なものは、特別なことは何もしていないのですが、自分の将来について思い描いたり、「こんな風になったらよいなー」と感じたことは、ちょこちょこ書くことはしていました。
また、記事文中でもお話ししている、未来についての「こうありたい」様子を、コラージュしてまとめ、スマホで撮影していつでも見える状態にしています。
そんな何気なく行っていることをお話ししたところ、たいへん立派にまとめていただきまして…。

編集者やライターってすごい…(^-^;

ここでお伝えしたかったのは、「やらなきゃいけないこと」より、「やりたいこと」を明らかにすることの大切さです。
これ、「夢の実現」に本当に効くんですよ。

私の場合、いろいろな事情があって、3年前に千葉県から神楽坂に引っ越してきました。
その時、ちょっとびっくりしました。
なぜなら、私の「未来を描くノート」を使い始めた10年前、「歴史ある古い町に住みたい」と書いていたのです。

それ以外にも、「キャリアカウンセラー資格を生かした仕事をする」などとも書いてありました。
書いた当時は、会社員で資格を取ったばかり。
ボランティアでも、まだキャリアカウンセリングをしたことのない状況でした。

ここで重要なのは、「何すべき」というより、「どうありたいか」を描くこと。
「する」ことを書くと、つい自分の足りない部分に目がいき、それを埋めるべく、無意識に自分以外の外部からの期待に応えようとしていまうから。
真面目な人ほど、「すべき」のワナに絡め取られがちですから。(かつての私のように…)。

一説には、文字やビジュアルで「ありたい姿」を描くことで、脳がそれに関する情報をキャッチしやすくなり、結果的に「なりたい姿」の実現に近づくのだとか。

詳しくは、「日経WOMAN」へ。
よかったら、ご笑覧ください。

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE