Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

【登壇報告】契約社員の強化研修を全国展開

2017.01.29


登壇中

※写真は別の講座で登壇した時のもの

広島、大阪への出張は、某金融企業A社様の全国各支店での研修登壇のためでした。
研修の参加者は、営業支店を預かる契約社員の皆さん。
お客様対応や事務処理等の業務の要の方です。

金融業界の競争激化も背景に、人事制度を大きく見直したA社。
正社員は大幅に営業部門にシフト、それまで正社員が担っていた業務を契約社員の人が担っていくようになってきました。そのために必要なのが、契約社員の意欲とスキルをいっそうの強化ということで、今回の研修が企画されました。

今回の研修では、本社から課長も支店を訪問。
会社を取り巻く環境や、参加者に期待される役割などについて講話をされました。
その後、各部門やスタッフ同士の連携を深めるために、コミュニケーションスキルやアンガーマネジメントのトレーニングを行う仕立てです。

「契約社員」と期間限定であっても、みなさんが「会社をよくしたい」という気持ちを持っていらしたのが非常に印象的でした。
当初、課長は「会社の状況を話しても関心を持ってもらえないのでは」と懸念されていたようですが、皆さん口々に「今の状況がわかってよかった」「突然、聞いたこともない部署から連絡が来て戸惑っていたが、何をしているのかよくわかった」と話されていました。

会社の状況についての理解が深まったせいもあり、コミュニケーションスキルの重要性もよく理解されたのでしょうか。
その後の研修についても、みなさん非常に積極的!
日頃、業務で感じていた質問も出てきて、文字通り、支店の現場の核となっていらっしゃる様子が伝わってきました。

研修、特に業務スキルと直接関係のない内容は、その必要性を十分に理解が得られないこともあります。講師としては、その必要性をしっかり肚に落とすのも大事だと思うのですが、今回のように会社事務局側の人と連携できるのはありがたいですね。

今後、ますます新しい部署や、お客様などバックグラウンドの異なる人との接点が増えていくでしょう。
相手の立場も理解した上でのコミュニケーションや感情のコントロールが必要とされます。
研修でお伝えしたことが、じゅうぶんに生かしていただけることが楽しみです。

来月もツアーが続きます。
今度はどんなお話ができるのか、楽しみです。

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE