Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

ミモザの思い出(国際女性デー)

2017.03.09


今日、3月8日は国際女性デー。
実は私が初めての海外旅行で、イタリアはローマに到着したのがこの日なのです。
1987年3月8日…ちょうど30年前のことです。

初めて訪れたローマは、ミモザの花であふれていました。
イタリアでは、国際女性デーである3月8日に、男性から女性にミモザの花を贈る習慣があったのですね。

中学生の時に、ドイツを舞台にした漫画「オルフェウスの窓」で、「ミモザ」という花の存在を初めて知った私。
当時、日本ではあまり知られていない花でした。

その実物を初めて目にすることができて、感動したことを昨日のように思い出します。
それは、初めての海外に出かけた興奮とないまぜとなった感情です。

今では信じられないことですが、当時、イタリアは経済的な不振に陥っていて、首相が誘拐されたのち、死体で見つかるといった事件もあって、「怖い国」といったイメージがありました。
私が初めての海外旅行の先にイタリアを選んだと聞いた友人には、なぜほかの欧米の国ではなく、イタリアなのか、不思議がられたものです。

私が大学で専攻したのはオスマン・トルコ史だったのですが、その中でも欧米国家との関係に関心がありました。
ヴェネツィアを中心としたイタリアの都市国家とオスマン・トルコのつながりは深かったので、卒業前にイタリアとトルコを訪れてみたかったのです。

ミモザは、私にとっては「国際女性デー」の象徴という意味と共に、海外文化…特にヨーロッパの象徴でもあるのです。

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE