Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

ものを整理すると気持ちも整理できる

2015.09.28

50bd232cd1ef8f1e261e8bf7da221338_s

9月末、日本の会社は期末というのでしょうか・・・
もともと、スケジュールは詰め込み気味だったのですが、
ここにきて「提出を早めてほしい」「急なんですが提案してください」といったお話もあり、ぎゅうぎゅう状態です。

わたくし、スケジュールが詰まるプレッシャーに、えらくストレスを感じやすい傾向がありまして…
それが端的に現れるのが机の上。

シルバーウィークに整理しようと出しておいた、これまで使った10冊近い仕事用ノート、
この数週間でお会いした人の名刺、
作成途中の書類をプリントアウトしたもの、
企画書作成のために集めた資料、
忘れないようにと印刷しておいた請求書…

これら積み重なり、この記事に添付した写真に近い状態になっています。
(写真そのものは、私の机ではありませんが…)

そんなときに飛び込んできたのが、サッカー日本代表キャプテン、長谷部誠氏の言葉。
著書「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」で述べられていたものです。

「ドイツには『整理整頓は、人生の半分である』ということわざがある。
日頃から整理整頓を心がけていれば、それが生活や仕事に規律や秩序をもたらす。
だから整理整頓は人生の半分と言えるくらい大切なんだ、という意味だ」

…あいたたた(涙)
(最近ラグビーの五郎丸選手に心奪われていたけれど、
ちょっとあなたのことを忘れていた私に鉄槌を下したのね、長谷部選手…)

そういえば、競泳金メダリストの北島康介選手も、
部屋の中はきちんと整理してメンタルも整えていると聞いたことがあります。

わかってはいるのですが…時間がないと、ついつい後回しにしがちです。

 

でも時間がないからこそ、整理整頓を意識しないと、メンタルまで乱されてしまうことを
長谷部選手や北島選手は知っているのでしょう。

時間がない中、どうやって整理した状態を続ければよいのか?

それを学ぼうと、企画したのが10月3日開催のセミナーです。
私自身、すごく楽しみにしています。
ぜひ私のように「整理苦手」な方、あるいは「メンタルが乱れているけど、どうしたらよいかわからない」方、
ご参加お待ちしています(9/30までの申し込みとさせていただきます)

▼詳細、お申込みはこちら

10/3開催「衣替えに生かそう!~快適!クローゼット整理法講座~」

 

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE