Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

平穏な初釜

2016.01.15


先週の週末、私の通っているお茶の教室での初釜が行われました。
昨年は発熱と闘いつつ、やっとの思いで参加した初釜。
過去にも、突然身内の不幸があって参加できなかったり、うっかり直前に旅行を入れてしまい、当日朝に旅先から新幹線で直行したり…
そんな経験をすると、何事もなく当日を迎えられことが、本当にありがたく感じられます。

こちらの教室で迎える初釜は3回目。
毎年、少しずつ社中のメンバーが変わり、お互いの役割も少しずつ変わってきました。

私は昨年は正客役で、懐石の食べ方を他の皆さんにご指南するという大役でしたが、今年の正客は別の方で、私は次客を務めました。
懐石の準備にあたったお二人は、最初の年はまだ着付けが自分ではできなくて、先生に手伝っていただいていたのに、今年はしっかり一人で着付けられていました。

毎年、新年に同じメンバーで顔を合わせ、お互いの無事と成長ぶりを確かめるのが初釜の意義なのかな…などと思うのでした。

しかし、私自身は自分の成長のなさに反省することしきり。
次客として昨年に続き、懐石料理の進め方のサポート役をご指名いただいたのに、昨年同様、マニュアル本を見ていないとダメな状態。
来年の初釜では、何も見ないでも「千鳥でお酒をいただくときは、こうするのよ」「この時にお椀は片づけて」と、すらすらとサポートできるようになりたいものです…。

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE