Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

【セミナーレポート】片付けとは、理想に向けての選択なり

2016.03.05

2月27日に「大人女性のための一花咲かせる講座~うっとりクローゼットの作り方」を開催しました。

この講座、片付けのテクニックそのものよりも
・片づけることによって何を実現したいのか?
・自分は何を(人生において)大切にしているのか?
を問いかけるものです。

片づけるというのは、ほとんどの場合、今よりものを減らすことが必要になります。
そうすると、自分の身の回りに残すものと、処分するもの(=捨てるではないのがポイント!)の峻別することが必要です。
峻別には、自分自身の価値観を明確しておくことが重要。
というわけで、価値観を明らかにしていく演習を行いました。

加えて、片付けの先にある「自分が実現したいもの」を明らかにすることも行っています。

「片付け」というと、無批判に「しなくてはならないこと」と捉えがちですが、必ずしもそうではない。
片付けによって得られるメリットが、デメリットより大きいなら行ったほうが良いのですが、本当にそうですか?と問いこれかかけたのでした。

これって、キャリアを考えるときの考え方に非常によく似ています。

転職するか、独立するか、今のままで残るか…それは単なる手段です。
どんな人生を歩みたいのかを実現するための手段です。
だから、まず「ありたい未来」を描くことが大切だと思っています。
そこに、自分なりの価値観や美意識が込められているから。
人はそれを「自分らしい人生」と呼ぶのです。

そのためには、積み上げたものから、これからの人生に必要なものを「選び取る」ことが重要です。
でも、えてして「獲得する」ことに一生懸命で、その中から「選び取る」ことには慣れていないもの。
片付けで、物理的な「選び取る」訓練をすると、キャリアにおいてもそれが応用できてくると実感しています。

キャリアカウンセラーは、自分らしい人生が何かを見つけること、そしてその実現方法をより広くお伝えするのが氏名なのだな~と、セミナーを通じてしみじみと感じています。

※なぜ私が片付けのセミナーを開催するのか、自分の体験や思いを書いたものはこちらからご覧ください。
——————————————————

■「大人女性のための一花咲かせる講座~うっとりクローゼットの作り方」参加された方の感想

・「具体的な例があって始められやすい」(40代女性)

・「自分の考え方を再認識できたので他の人にも勧めたい」(40代女性)

・わかりやすかった。ワークショップが楽しかった」(50代女性)

・「直感的にクローゼットの片付けもすべてつながっている気がしていたけれど、やっぱり!!すとんと腑に落ちました。期待以上でした」(50代女性)

・「”整理の仕組み””選び取る習慣”は生き方そのものに活かしていけるよ、という点。若い人に勧めたいです」(50代女性)

 

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE