Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

パーソナルスタイリストをお願いする

2014.04.11

こんにちは。キャリアコンサルタントの朝生です。

以前に、日本で初めてパーソナルスタイリストという仕事を切り開かれた政近準子さんの講演を聴いたことはブログでもご紹介しました。

実は、その後、急に自分の持っている服に不安を覚え、政近さんの事務所にパーソナルスタイリングをお願いしたのです。

特に困っていたのは講師として登壇する際のスーツ。

普段からジャケット着用を求められる仕事柄、比較的きちんとした格好はしている自負は有るものの、ジャケットにボトムスを合わせることごがが多く、スーツはほとんど持っていません。

講師として、特にビジネスマナーを担当する機会の多いこの時期には、よりきちんと感が求められると考えており、スーツがもう一二着欲しいところでした。

私の風貌は、どちらかというと、硬く見られることが多く、それもあってあえて上下は揃えないで、抜け感を作っています(当社比)。だからスーツを着ても、硬い印象にならないようにするにはどんなスーツが良いか、それが相談の趣旨でもありました。

カウンセリングの結果、一番発見だったのは、サイズのこと。

これまでのスーツのジャケットは、どうも丈が長すぎだったようです。(写真参照)

サイズには気をつけてきたつもりでしたが、ジャケット丈は盲点でした…。確かに、長めだと、丈が長いと胴長でバランスが悪い。でもこれって流行だから、仕方ないと思ってました。

でもそんなことに妥協してはいけないですね。ジャケット丈だけでなく、自分に合った全体のサイズのアドバイスを頂けたので、これからは自信もって服を選べるようになりました。早速、手持ちの服で、サイズが合わなものをお直しに出しましたよ。

それから、テーラードは硬い印象になりがちと、ここのところ避けてきたのですが、素材が柔らかいものであれば、決して硬くはならないことも発見でした。

その他、紺より白系の方が顔映りが良いとか、7号の方が体に合っているとか、なんとなく自分で感じていたことをプロから保証してもらえて、これから安心して服を選べます!

imageimage

白いスーツは今回、アドバイスいただいたもの。グレーのパンツスーツは、自分で以前に買ったもの。明らかに丈が長いのがわかります(^^;;

 

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE