Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

【残り1席】「40代からのキャリアデザイン ~貴女の頑張りを実りあるものに~

2014.10.10

kokutizu女性 窓1

●組織で働くアラフォー女性向けセミナーを開催します

こんにちは。キャリアコンサルタントの朝生です。

10月17日(金)19時~、表題のとおり組織で働くキャリア女性のためのセミナーを開催します。

Facebookなどでご案内したところ、おかげさまで興味を持ってくださる方が多く、現時点で残席は1つとなりました。

もしご興味があればお早めにお申し込みください!

 

■お申し込み方法:以下のURLからお申し込みください
http://kokucheese.com/event/index/216478/

■対象者:組織で働いている女性(アラフォー世代)

■定員:10名

■参加費:3000円(事前振込)

■場所:飯田橋近辺

■内容(予定):

1.組織で働くアラフォー女性の3大課題
(1)今までの仕事のやり方が通じない?
(2)上司と部下、どうコミュニケーションをとる?
(3)無理が利かなくなってきた身体、どういたわる?

2.組織で働くアラフォー女性は何を目指すのか?

3.実りあるキャリアを築くための処方箋

 

●私がアラフォー女性に力を入れる理由

組織の第一線でがむしゃらに働いた30代を経て、40代に入り、ふと今まで通りの働き方でよいのか、考えることはありませんか?

私は今年、40代最後の歳を迎えました。
40代を振り返ると、20年以上を会社員として働いてきた自分の生き方、働き方に行き詰まりを感じ、それをどう打開しようか、悪戦苦闘してきた年月だったといえます。

実際にキャリアコンサルタントとして独立後、40代のキャリア女性からもかつての私と同様の悩みを抱えていらっしゃることの気づきました。
彼女たちから聞こえてくるのは、以下のような声です。

組織の中で頼りにされてはいるものの、自分の思っているほどには会社から評価されていない。今まで通りに働いているのに…。
部下を持ったが、どう指導してよいかわからない。どうも私の指導を快く思っていないようで、そのせいで、上司から自分も厳しく評価されているように思える。
これまでがむしゃらにやってきたけれど、体力が落ちたせいか、がんばりが利かなくなっている。

そんな悩みを抱える40代キャリア女性ですが、なかなかそれを共有できる相手がいないのが現実で、そのことも悩みを深くする原因となっています。
ややもすると「責任ある仕事ができているのに、贅沢な悩み」と言われることになりかねません。

このセミナーでは、私の体験をもとに得た処方箋を示しつつ、皆さん自身が、これからのキャリアをどのように歩んい行ったらよいかを、参加者同士の問題意識を共有しながら考えていきます。
あなたのがんばりが実りあるものにするためのヒントを得ていただければ幸いです。

 

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE