Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

「四十にして惑う」の辛さとは(AERA×ほぼ日 コラボ企画)

2014.11.06

AERA40dai

こんばんは。
キャリアコンサルタントの朝生です。

雑誌「AERA」と糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」が特別サイトを設けるなど、「40代」をテーマにした取組を始めましたね。
40代のキャリア女性を対象に何かできないか・・・と試行錯誤の私、タイミングの良さにちょっと驚いています。

 

40歳は、まだ惑う!?

この企画、糸井さんが以前にAERAの取材に応じた時の内容に対する反響が大きかったので、改めて40代を取り上げて実施されたものなのだとか。
上述のサイトに、その時のメッセージが再掲されていました。

ゼロになってちゃんともがく

 

その中の「40代の辛さ」の表現が秀逸です。本当にその通りです。
上述のサイトから引用させていただきます。

———————————————–

ぼくにとって40歳は25年前

暗いトンネルに入ったみたいで
つらかったのを覚えている。

<中略>

でも、40歳を超えた途端、
「今までの円の中だけにいる」ことができなくなる。
自分でもうすうす、
いままでのままじゃ通用しないと感づいている。
別のコンパスで描いた円に入っていって、
いままでとはぜんぜん違うタイプの
力を発揮しなきゃいけない。
40代とは、子育てや介護などの
「ライフイベント」が襲い始める
時期でもあります。
そして、
30代の万能感をもってしてもクリアできない
社会の「理不尽さ」に直面するときでもあります。

——————————————————–

30代まで、ちゃんとがんばって、ちゃんと成果もあげてきたはずなのに、
それが通用しない現実にぶつかり、
将来のことを考えて不安にさいなまれるのが40代です。

そんな40代の過ごし方について、糸井さんは「ゼロになる」「ちゃんともがく」ということをアドバイスされています。

——————————————-

その時、いままでは通用したのに、
と過去の延長線上でもがくことが多い。
でも、それではなかなかブレークスルーはない。

 

ぼくはゼロになることを意識するよう心掛けた。
仕事は何でも引き受けるんじゃなく厳選した。

——————————————-

実は、40代で一番辛いのは、叙述の「トンネルにいる」辛さではなくて、
「ゼロになってもがく」ことなのではないかと、今年49歳で40代を終えようとしている私は思うのです。

今までの成功体験を捨て、ひょっとするとキャリアも捨てる。
過去の延長線上でもがいていてもブレークスルーはないことはわかるから。

40代を対象とした生き方指南本を多々読みましたが、例外なく「捨てる」ことを唱えています。
だから「捨てる」ことが40代の生き方にとって必要であることは、多くの人も体験して間違いないことなのでしょう。

でもそれはとても怖い。
今までのやり方を捨て、新しいことを始めるとしても、そこにはうまくやれる保証は何もない。

そんな怖さを克服し、「ゼロになる」ことで新しい一歩を踏み出すには、
いっしょになって「もがく」仲間が必要なのではないかと
仮説を立てております。
その仲間作りの場が、いま企画中の「40代の可能性再発見講座(仮称)」です。

内容については近日公開予定。
仲間作りと言っても、慰め合えるゆるふわ仲間ではなく、切磋琢磨する間柄にしようということだけは決まっています(きりっ!)。

 

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE