Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

2017年の10大ニュース

2018.01.10

昨年末にメルマガを書くにあたり、今年をちょいと振り返ろうと、10大ニュースを
検索してみたところ、ちょっと驚かされたのがこちらです↓

▼読売オンライン

えええ!?将棋の藤井四段の連勝が1位ですか!?
2位の「天皇退位決定」はともかく、3位の「日馬富士引退」、4位の
「眞子様婚約内定」などが続きます。
あれ…もっと日本という国にとって重要な出来事があったのでは?

もうちょっと別のサイトを見てみようとこちらを見つけました。

▼時事通信社

こちらは、1位が「天皇退位決定」、2位が「衆院選で自民大勝、
民進が分裂」、3位がモリカケ問題。
比較的、自分の感覚に近いものでした。

私の感覚では、「11月求人倍率1.56倍」や、メガバンクの人員
削減なども上位に入ります。

同じ出来事のあった年でも、人の捉え方によって、ずいぶん
重要度や優先順位は異なるのだ…ということを、再認識しま
した。

おそらく、「重大」の基準が異なるのでしょう。
私は、「国の将来に影響が大きいこと」と捉えましたが、
他の人は「記憶に残ったもの」と解釈したのかもしれません。
そして、そうした違いって、意外と気づかずに、他の人の
選んだ結果だけを見て「おかしい!」と断じてしまうことも
多いように思います。

何か意見の違いがあった時には、その違いだけに目をやるの
ではなく、背景にある基準の違いに思いをはせること、
意見を合わせるのであれば、その基準の考え方から合わせて
行く必要があること…
そんなことを再認識した年末でした。

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE