Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ

10月1日は「節目の日」

2017.10.01

18年前の10月1日に、初めて転職し、NTTからグロービスという会社に入りました。
5年前の10月1日に、会社員をやめて、キャリアコンサルタントとして個人事業主になりました。
(写真の花束は、その退職の時にいただいたものです)
10月1日というのは、私の人生では節目の日にあたるようです。

思えば、仕事が変わ以外にも、長年住み慣れた千葉県柏市から新宿区に引っ越し、
さらに同じ区内でまた引っ越しと、住むところも大きく変わりました。
この5年間は、私の人生においても、大きな変化の時期になるのでしょうね。

まる5年、なんとか個人事業主としてやってこれたのは、周囲の皆さんのおかげと、感謝の念ばかりです。
本当にこの先、やっていけるのか?と不安に駆られたことは、一度や二度ではありません。

「だんなさんがいるから、別にいいじゃない」
そんな風に言われてこともあり、確かに夫に精神面以外にも、助けてもらったことはあります。
でも、「夫に頼りきりじゃだめになる…
むしろ夫の存在が、自分を奮い立たせてきたような気もします。
(あ、それって夫に感謝しなくちゃってことですね( ´艸`))

独立前から、アメブロでキャリアカウンセラーとしてブログを書いていました。
独立する直前、会社員最後の日、どんなことを書いていたのか、思い返そうと古いブログを探してみました。
「会社員」という自分に、ずいぶんと嫌気がさしていたんですね…。
そして「喰っていけるだけの収入があって初めて独立」なんて、かなり肩に力が入っちゃってます。
そんなこと、いつの間にやらすっかり忘れていましたよ。

ちょっと長いですが、転載しますので、よかったら読んでやってください。
期待と不安がないまぜになった当時の自分が、今はいとおしいです。
そして、この日の気持ちを忘れずに謙虚に、地道にこれからも歩んでいきたいと思います。

—————————————————-
ひさびさにブログを書いているあそうです。
今日は台風上陸の恐れありとのことで、柏の私の家の外はものすごい風の音です。

さて、9月は一度もブログを書けなかったのですが…
そのわけは、ものすごく忙しかったからです。
何にそんなに忙しかったかというと、会社をやめる引き継ぎやなんやかやで…。

そう、ついに会社を辞めてしまいました。
いよいよ、「キャリアカウンセラー」という肩書で、組織に属さない身分になってしまいました。

これまで、会社の仕事の傍ら、ボランティアベースでキャリアに関するお仕事に取り組んできたのですが、今春、マーケティングからコンサルタント部門に異動があり、どうもキャリアカウンセリングに取り組む余裕がなくなってきたことで、改めて「このままでいいのか?」と考えさせられるきっかけとなりました。

一方で、私自身も「キャリアカウンセリング」について、どんどん興味が広がってきており、その時間がとれなくなることにとうとう耐えられなくなってきたのです。

そうはいっても、毎月お給料がもらえる身分は魅力的です。
コンサルティングの仕事も、人材育成に関することですから、「キャリア」に関係ないとはいえない…。
このままでも十分、勉強になるのでは?

今まで繰り返してき迷いが、またまたぐるぐると頭の中を回ります。
最終的に決めたのは、年齢と自分自身が「会社」ということに、あまりにとらわれていることに気が付いたからでした。

私の理想は、一生、現役です。
一生続けられる仕事として「キャリアカウンセラー」を選びました。
キャリアカウンセラーとして独立するとしたら、あと5年たったら、そのエネルギーがなくなってしまっているかもしれない。
まだ心身ともに元気で、失敗してもリカバリーできる柔軟性のあるうちに、独立を経験したほうがよいのでは?

そして、会社にいたら、また「上司から自分が考えたほど評価されない」「(他人と比べて)コンサルティングの仕事に適性があるのか(特に営業的活動について)?」と、いろんな疑問と悩みを繰り返してしまうのが目に見えていました。
人と比べてどうのこうのという悩みって建設的ではないですよね。

もちろん、組織から離れても、また新たな悩みが発生するでしょう。
でも、建設的でないことにくよくよしているより、チャレンジしての悩みは、ずっと望ましい気がしています。

そんなわけで、「会社員 朝生」は今日が最後です。
明日からは、組織に属さない「朝生」がスタートします。
「独立」というと、聞こえはいいですが、私自身は食っていけるだけの収入があって初めて「独立」といえると思っているので、現時点では使っていません。
(「退職」とだけいっておきます(^^;))
「独立」のその日まで、どうぞご声援お願いします!

————————————-

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE