Deprecated: Hook custom_css_loaded is deprecated since version jetpack-13.5! Use WordPress Custom CSS instead. Jetpack でのカスタム CSS のサポートは終了しました。 WordPress.org のドキュメントを参照し、カスタムスタイルをサイトに適用する方法をご確認ください: https://wordpress.org/documentation/article/styles-overview/#applying-custom-css in /home/users/1/lolipop.jp-5985236fbda2620c/web/wp2016/wp-includes/functions.php on line 6085
子どもがいなくても、次の世代の役に立てる | Office Carlino 子どもがいなくても、次の世代の役に立てる – Office Carlino
Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ 子どものいない人生ポータル

子どもがいなくても、次の世代の役に立てる

2018.07.29

あけましておめでとうございます。管理人の朝生容子です。
2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年最初の投稿は、一昨年の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に関するものです。年末に再放送されたことから、根強い人気があることがわかります。

その人気の一つが、主人公みくりの伯母である、百合ちゃんの存在です。本ページでも以前にその存在について紹介しましたが、50歳を過ぎた現在でもビジネスの第一線に立って活躍している独身キャリアウーマン。美人でもてたのに、実は処女という設定です。

実は原作マンガでは、その仕事ぶりは詳しく描かれませんでした。しかし、ドラマでは、育休を取る後輩に対して、「産んでくれてありがとうという気持だ」と語ったり、自立した女性をサポートする会社の方針を厚く上司に語ったりと、かなりつっこんだ形で描かれていました。

百合ちゃんの生き方を最もよく表しているのは、第9話のエピソードでしょう。

「与えられた価値に押しつぶされそうな女性たちが自由になる。自由だからこその美しさ。例えば、私みたいなアラフィフの独身女だって、社会には必要で誰かに勇気を与えることはできる。あの人ががんばっているなら自分ももう少しやれるって。今1人でいる子や、1人で生きるのが怖いっていう若い女の子たちが『ほら、あの人がいるじゃない? 結構楽しそうよ』って思えたら少しは安心できるでしょ。だから私はカッコよく生きなきゃって思うのよ」

そう語る百合ちゃん。肩ひじ張りすぎる必要はないけれど、子どもがいなくても、次の世代の役に立てる…それは視聴者にとっても励みになるものだったように思います。

https://wotopi.jp/archives/46233

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE