Notice: Automattic\Jetpack\Sync\Functions was called incorrectly. Not all plugins have loaded yet but we requested the class Automattic\Jetpack\Sync\Functions Please see Debugging in WordPress for more information. (This message was added in version 9999999-dev.) in /home/users/1/lolipop.jp-5985236fbda2620c/web/wp2016/wp-includes/functions.php on line 5167
「ワーク・ライフバランスコンサルタント」になりました! | Office Carlino 「ワーク・ライフバランスコンサルタント」になりました! – Office Carlino
Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ 子どものいない人生ポータル

「ワーク・ライフバランスコンサルタント」になりました!

2018.07.20

先日、株式会社ワーク・ライフバランスが実施の「ワーク・ライフバランス(WLB)コンサルタント養成講座」を受講し、コンサルタント認定していただくことができました。ばちばち!

取ろうと思ったきっかけは、お客様からの依頼です。
昨年度、某保育園の「働きやすい職場づくり」に関わる機会があったのですが、思うような成果を上げられなかった反省があります。

もっと他のアプローチがあったのではないか?
そんな思いが募って、今回、養成講座を受講しました。

講座の中では、2回、企業向けに提案書を作成する宿題があります。
1回目は、架空のモデル企業に対して。
2回目は、自分で選んだ企業に対して。

2回目の提案書には、担当した保育園を取り上げました。
もっとできたことがあったのではないか、もう一度振り返ってみたかったからです。

そこで気がついたのは、トップへの巻き込み方が絶対的に足りなかったことです。

保育現場を預かる園長が、直接の依頼者でした。
しかし、園を経営する法人側のトップは、園長に任せたまま。
私がお会いできたのも、プロジェクトの途中でした。

経営側の関心や姿勢は、プロジェクトに大きく影響します。
現場でどんなに議論し、提言をまとめても、その実施の最終決定者は経営トップ。
そこを巻き込まない限り、実現は遠いまま。
意思決定のメカニズムを見極められなかった点に、反省ばかりが募ります。

「養成講座を受けんでも、そんなことわかるだろう…」と、自分で突っ込む声も聞こえるのですが、改めて確認できたのは、私にとって大きな収穫でした。

こうして、仕事を離れて講座などを受けるのは、日々の中で感じたことを、自分の中で体系化していくためなのかもしれません。

ちなみに、WLB社の社長である小室淑恵さんとは、実はWLB社の創業間もない時期に、とあるセミナーでご一緒したことがあります。
(先方は覚えていらっしゃらないと思いますが)
当時、会社員として長時間労働を何とか解決したいと、悶々としていた私。
「ワークライフバランス」を社名にまで掲げ、信じる道を進む小室さんは、まぶしく見えたし、私自身も関わってみたいと思ったものです。

しかし、その時はまだ、キャリアコンサルタントの資格取得中で、その後も独立やら何やらで、WLBの領域に舵を切るまでには至りませんでした。
長い時間を経てしまいましたが、当時の気持ちをもう一度思い出して、個人にとっても企業にとっても「幸せな働き方」を求めて生きたいと思います。

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE