Notice: Automattic\Jetpack\Sync\Functions was called incorrectly. Not all plugins have loaded yet but we requested the class Automattic\Jetpack\Sync\Functions Please see Debugging in WordPress for more information. (This message was added in version 9999999-dev.) in /home/users/1/lolipop.jp-5985236fbda2620c/web/wp2016/wp-includes/functions.php on line 5167
ミモザの思い出(国際女性デー) | Office Carlino ミモザの思い出(国際女性デー) – Office Carlino
Office Carlino個人の力を組織力へ。ダイバーシティ推進・ミドル活性化は朝生容子へ お問い合わせ 子どものいない人生ポータル

ミモザの思い出(国際女性デー)

2017.03.09


今日、3月8日は国際女性デー。
実は私が初めての海外旅行で、イタリアはローマに到着したのがこの日なのです。
1987年3月8日…ちょうど30年前のことです。

初めて訪れたローマは、ミモザの花であふれていました。
イタリアでは、国際女性デーである3月8日に、男性から女性にミモザの花を贈る習慣があったのですね。

中学生の時に、ドイツを舞台にした漫画「オルフェウスの窓」で、「ミモザ」という花の存在を初めて知った私。
当時、日本ではあまり知られていない花でした。

その実物を初めて目にすることができて、感動したことを昨日のように思い出します。
それは、初めての海外に出かけた興奮とないまぜとなった感情です。

今では信じられないことですが、当時、イタリアは経済的な不振に陥っていて、首相が誘拐されたのち、死体で見つかるといった事件もあって、「怖い国」といったイメージがありました。
私が初めての海外旅行の先にイタリアを選んだと聞いた友人には、なぜほかの欧米の国ではなく、イタリアなのか、不思議がられたものです。

私が大学で専攻したのはオスマン・トルコ史だったのですが、その中でも欧米国家との関係に関心がありました。
ヴェネツィアを中心としたイタリアの都市国家とオスマン・トルコのつながりは深かったので、卒業前にイタリアとトルコを訪れてみたかったのです。

ミモザは、私にとっては「国際女性デー」の象徴という意味と共に、海外文化…特にヨーロッパの象徴でもあるのです。

←記事一覧に戻る

MENU

CLOSE